Web食いとは?松崎のプロフィールは?

Webで食っていこうがコンセプト

Web食いとは、WEBデザイナー・プログラマーなど、WEBで食っていく人たちのための情報ブログです。

同じ系統のブログはたくさんあるのですが、Web食いでは1つの記事を濃いものに仕上げることを意識して書いています。

初心者にもわかりやすく伝えたいので、意味不明な点があったらご意見いただけると嬉しいです。

メインとなる登場人物はこのふたり!

ハーイ!私はキャバコ、元キャバ嬢!
手に職つけたくてWeb業界へ転身しようと奮闘中!
サイドメニュー内(スマホならページ下部の方)に自己紹介が載ってるから、気になる人は見てみてね!

ヘーイ!
僕がこのブログの執筆者であり講師の松崎 航です!
デザイナーやプログラマー、WEB屋のフリーランサーになりたい人、みーんな僕が育てちゃうぞ~!

チョコチョコWeb系の情報を発信してるから、よかったらTwitterもフォローしてね~

松崎のプロフィール

ちょっと長いぞ。興味ある君は変人かもしれないぜ!

学生時代:チョー雑魚期

松崎の学生時代、他人から「羨ましい」と思われる要素は一切ありませんでした。

勉強はできない、地頭も悪い、スポーツもあんまりできない、病弱、モテない。

劣等感の固まりで、
「あ~俺の人生、普通以下だわ。生きててもつまんねえな。」
ってマジで思っていました。

でも、死ぬ勇気もなく、なんとなくダラダラ過ごしていました。

学生時代、ネガティブすぎるやつって絶対いたよね。

そのうちのひとりが松崎だったんだ!

そう、癖あるやつだったから、友達からはあんまり好かれてなかったぜぇ。。。

社会人デビュー:チョー雑魚期

社会人になっても雑魚は変わらずでした。

そもそも、ちゃんとした社会人スタートを切れてなかったです。

大学院浪人をする → 大学院に落ちる → やべえ何もスキルない → とりあえずPC好きだからWebデザイン学んでみよう → Webスクール行く → 社会人

という感じだったので、同世代に比べて明らかに遅れを取っていました。

最初に入ったデザイン会社で、初めてもらった仕事が「バナーデザインの作成」です。

何時間も考えて上司に提出。

それを見た上司の第一声が

「何これ、気持ち悪っ!」

でした。

そう、松崎はマジで美的センスがなかったのです。

当然そんなセンス無し男に良い仕事を振ってもらえることはなく、ひたすらアイコンを作るなど、価値の低い作業をずっとやっていました。

「このままだと、本当に俺の人生終わってしまう・・・」

そう考えた僕は、半年ほどで退職し、スキルアップできるような職場を探すことにしました。

気持ち悪いって言われた男が、今デザイン業で食ってるんだね(笑)

そうそう、人生わからんべぇな。

素敵上司との出会い:変革期

次に入った会社が、僕にとっての変革期でした。

素敵な上司の下で働くことができたため、強烈にスキルアップできたのです。

Webデザイン能力が上がっただけでなく、SEOや広告運用などのマーケティング、WordPress構築など、新しいことにもどんどんトライさせてもらえました。

そして体育会系の会社だったこともあり、メンタルも鍛えられました。

戦闘力が付いてくると、それまで全く意識していなかった「独立・フリーランス」という生き方がチラついてきます。

「独立する前に、エンジニアも経験しておきたいな」と思い、3年ほど務めた後、プログラマーへ転身しました。

プログラマー時代も素敵な先輩に恵まれたおかげで、プログラミング能力が急上昇。

徹夜続きでキツいときもありましたが、そんなキツイ環境を経験できたからこそ、デザイン×マーケティング×プログラミングというスキル王になることができました。

こういうの聞くと、環境って大事だな~ってつくづく思うよね!

それな。この2社に入れてなかったら、たぶん今頃、ミイラになってたぜ!

フリーランスデビュー:調子に乗ってた期

プログラマー社員時代、僕はクラウドソーシングなどを使って、コソコソ副業をスタートさせていました。

当時、「意外と案件取れるなぁ」と思った僕は、2年ほどで退職。

2013年にフリーランスデビューを飾りました。

ある程度、案件を獲得した状態でフリーになったので、仕事に困ることはありませんでした。

年収も大幅アップで、サラリーマン時代の2~300万円代から700~1000万円と倍以上に。

「なんだ、フリーで生きるのってチョロいな。でも、俺ごときじゃ、一生このまま良い状態が続くわけもないよね。」

そんなポジティブとネガティブが混在した癖男は、「調子の良いときに別の事業を育てておこう」と考え、介護事業に手を出すことにしました。

壊滅的な経営能力:自分見直し期

完全に錯覚していました。

フリーでまぁまぁ稼げたことから、変な自信をつけてしまった僕は「別事業の経営もうまくいくだろう」と思い込んでしまっていたのです。

でも、僕は元々能力が激低な人間です。

周囲の期待どおり、介護事業はガッツリ失敗。

わずか1年で会社を倒産させてしまいました。

会社倒産については、以下サイトで美味しく記事にしていただきました(文章改変されているので、一部変ですが…)

https://suke10.com/article/11992

やっぱり俺にはWebしかない。Webしかないんだ。

会社を潰して残ったのは、借金と自分の無能さのみ。

しばらく何をしたら良いかもわからず、得意のネガティブに押しつぶされて自分を見失っていました。

誰にも慰めてもらえない寂しい状態下では、自分と向き合うしかありません。

自問自答しているうちに、こんな考えが生まれました。

「今の自分には何もないかもしれないけど、ちょっと待てよ。
失敗した人や無能な人にしかできないこともあるんじゃないか?

世の中の成功者は、超天才か超バカのどちらか。
どちらにも属さない無能な僕だからこそ、初心者の気持ちを理解した上でWebのことを教えられるんじゃなかろうか?」

こう考えた僕は、Web食いというブログ・サービスを立ち上げることにしたのです。

Webなら楽しくフリーで食っていけるよ、誰でも

成功経験しかない人が「誰でもフリーで食えるよ!」と言うより、僕みたいな失敗経験のあるダメ人間が言う方が、説得力があると勝手に思っています。

僕は都会でキラキラした人間にはなれない。

普通の人たちを田舎で盛り上げたい。

そんな想いから、会社名を田舎でITとしました。

おもしろおかしくインタビューされたのが、こちらです。

https://www.fanterview.net/interview/1500/

Web食いが、あなたの夢を叶えるきっかけになれたら嬉しいです!

 

メニューを閉じる