未経験Webデザイナーが知りたい、Webデザインの仕事とは?

作成日:2018.07.18 最終更新日:2018.07.22

未経験Webデザイナー

この記事では、Webデザイナーを目指す人や実務未経験のWebデザイナーが知りたい、Webデザインの仕事や環境、キャリアや気を付けることなどについて紹介します。

1.Webデザイナーって、何をするの?

Webデザイナーってどんな仕事をするの?

Webデザイナーは、主にウェブサイトをデザインするのが仕事なんだ。

もっと細かく言うと、バナー・ボタンのデザインや、ランディングページ(よくLPとかランペと略される)のデザイン、キービジュアル(ヘッダー画像)の作成、レイアウト構成思考、HTML/CSSコーディング※などだね!

新米のうちは、0から作るというよりは、すでにできあがっているウェブサイトのパーツを編集するところから、仕事をすることが多いよ!

※HTML/CSSコーディングとは、制作したデザインをInternet ExplorerやFirefox、Google Chromeといったブラウザで見える形にすることです。初心者の人はイメージできないと思いますが、Webデザインの勉強をしていくうちに理解できるようになります。

ランディングページ(LP)って、どんなの?

実際のLPを見れば、何となくイメージ湧くと思うよ!LPをまとめたサイトがあるから!

LPデザインがまとめられたサイト:LPアーカイブ

商品やサービスに集中させるための縦長ページって言えば、少しはイメージ付きやすいかもね。

2.Webデザインには、どんな技術が必要なの?

Webデザインをするには、どんな技術が必要なの?

大きく分けると2つ必要だね。デザインスキルとコーディングスキル!

デザインスキルとは

イラストレーターやフォトショップといったソフトウェアで、デザインをするスキル。デザイン能力とソフトウェアを使うスキルが必要です。

デザインスキルはセンスや美的感覚がないとダメと思われがちですが、訓練によって誰でも習得することができるようになります。

コーディングスキル

HTML/CSSコーディングをするスキル。テキストエディタ(秀丸Terapadなど)やコーディングソフト(Dreamweaver等)を使うスキルが必要です。

Webデザイナーってデザインだけやってれば良いんじゃないんだね…。コーディングって、プログラミングと一緒なの?私数学できないけど、こんなに覚えられるのかなぁ?

そんな心配いらないZE!まぁ、コーディングは厳密に言えばプログラミングとは違うんだけど、ゴチャゴチャした文字をいじるって意味では、作業内容は似てるとも言えるね!

でも、HTMLコーディングは慣れれば難しいことじゃないし、最初は嫌いでもそのうち書くのが楽しくなってくるよ!

3.どうやって技術を習得するの?

Webデザインの勉強だ!

Webデザインに必要な技術を習得する方法は、以下のようなパターンになることが多いよ!

  • 学校やスクールに通う
  • 社内のシステムやサイト立ち上げプロジェクトへの参加
  • 独学でウェブサイトやアプリなどを作ってみる
Webデザインのスクールやオンライン講座が気になる方は『【2018年版】15個のWebデザインスクール・オンライン講座を徹底比較してみた』もチェック!

今までコンピューター系とか美術系とかの仕事経験全くないけど、それでもWebデザイナーにはなれちゃうもんなの?

なれるよ!僕は社会人になってから転職したしね!

3~40代で未経験から転職してくる人もいるよ!才能もいらないから、ちょっと努力すれば誰でもできるよ!

4.Webデザイナーの給料ってどれくらいなの?

正直、駆け出しWebデザイナーの給料は安いよ!僕は最初、時給1000円いかなかったし。

げげ!下手したら、高校生のアルバイトみたいな金額になっちゃう可能性あるね…

まぁ、東京都内とかだったらそうはならないと思うけど、地方でWebデザイナーのアルバイトをするとなると、もしかしたら安くなってしまう可能性はあるね!

だったら、最初から正社員狙った方が良いかなぁ?私がキャバ嬢してた頃、時給5000円とかいってたから、さすがに時給1000円以下は辛いなぁ~

そうだね、ある程度技量があれば、実務未経験でもいきなり正社員狙えるよ。
ただ、雇用形態にこだわるよりも、スキルアップできる仕事か?というのを最重要視した方が良いよ!

仕事内容によっては、全く成長できないから!

どういう仕事だと成長できないの?

例えば、ひたすらバナーを作り続けるだけの仕事とかね。コーディングだけとか、コピペしまくってページを量産するだけとか、「〇〇するだけ!」っていう仕事は避けた方が良いかな。

僕が最初に入った会社は、ひたすら小さいサイズのアイコンを作らされてたよ。これ、意味ないからね。

理想は、デザイン・コーディング何でもまんべんなくやらせてくれるところだね!いきなりウェブサイト丸々作らせてくれるとこなんか最高だよ!

背伸びして仕事をやらせてくれるところが良いってこと?

そう!自分にはできなそうな仕事をやらせてもらえる時が、1番成長できるんだ!

まぁ、色々やらされる分、残業が増えちゃう可能性はあるけどね(笑)

でも、早い段階でスキルを高めて、なおかつ実績をたくさん作っておけば、次に就職・転職する時、一気に給料上げられる可能性あるからね!

僕は最初の3年間、ひたすら低時給でスキル習得に集中して働いてたよ!

Webデザイナーの平均給与は?

ちなみに、Webデザイナーの平均給料ってどれぐらいなの?

統計データみたいなものを目にしてないから正確なデータはわからないけど、大体月30万円ぐらいかな!年収にすると360万円ぐらいだね。

スキルにかたよりがある人(コーディングしかできない)とか、新米デザイナーは20万円台になっちゃうかな~

そっか、ある程度スキルを身に着けても「食いっぱぐれない!」とは胸を張って言えないね(笑)

あとはスキル次第かな!順調にスキルアップしていければ、年収400~500万円ぐらいは普通に狙えるよ!

あと、Webディレクターとかプロデューサーになればさらにアップ(年収500~600万円)する可能性が上がるしね!

Webデザイナーでも年収1000万円超えられる?

年収1000万円超えてるWebデザイナーっている?

少ないけどいるよ!ただ、単なるWebデザイナーではないことは確かだね。

マーケティングの知識があったり、Webディレクターとしてのポジションも兼務したり、フリーランサーとして活動したり…努力と工夫は必要かな!

別記事に参考になるものがあるから、気になる人は見てみてね!

5.Webデザイナー1日の流れ

実際、Webデザイナーがどんな流れで仕事をしているか、1日の流れの例を書いてみるぜ!

~9:00 出社
9:00~10:30 前日夜以降に届いたお客様へのメール対応、サイト修正など
10:30~12:00 新規で受注したお客様のサイトのワイヤーフレーム(構造)案を作成して提出
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:00 新規受注のお客様から、提出したワイヤーフレーム案の承認をもらえたので、サイトデザイン作成に入る
14:00~15:00 お客様との打ち合わせのため移動
15:00~16:00 お客様との打ち合わせ
16:00~17:00 会社へ戻るため移動
17:00~21:00 新規お客様のサイトデザイン作成(続き)
21:00 退社

まあまあ残業してるね~

残業あるかどうかは会社によって全然違うから、上記の通りにはならないかもしれないけどね。

サイト丸々1個作るデザイン作業は時間を要するから、納期が短い場合は残業してある程度作業を進めざるを得ない時もあるよね!

確かに、お客様先で打ち合わせとか入ると、移動とかで時間取られるもんね~

それに、夜の方がお客様からの電話問い合わせも減るから、作業がはかどるんだよね。そういうわけで、僕がサラリーマン時代の頃は、結構残業してたなぁ(笑)

いかに作業に集中できる時間を作るかがポイントになりそうだね!

それな!

6.Webデザインの業界動向や長期的キャリア

Webデザイナーのキャリアパス

Webデザインというか、WEBやIT系は技術やサービスの動向がかなり激しいんだ。会社の倒産や合併はよくある話だし、メチャクチャ調子良かった会社が急にダメになるってこともあるよ。

例えば、一時期テレビCMも打ってたGREEなんかは、業績の上下が激しいよね。

だから、ひとつの会社に「一生骨をうずめるぞ!」みたいな気持ちは持たない方が良いかな。転職するのが当たり前みたいな感じで思っておいた方が良いね。

でも、転職回数が多すぎると、どんどん採用されにくくなるってよく聞かない?転職は3回までにしとけって、よく言われたけど!

確かに、短い期間の転職を繰り返しすぎると、転職の時に不利になるかもね。「この人すぐ辞めちゃうかも」って、面接官に思われるからね。

でも、今のIT業界で働く人は1~2年で転職しちゃう人もわりと多いし、昔ほど気にしなくても良いかなって思うよ!もちろん、ただ嫌になって辞めたっていうんじゃなくて、誰もが納得のできる理由はあった方が良いけどね!

「やりたい仕事をやらせてもらえるように努力や交渉をしたけど、やらせてもらえなかった!」みたいなね。

7.Webデザイナーの仕事をする上で気をつけておきたいこと

Webデザイナーが気を付けたいことその1:セキュリティへの配慮

Webデザイナーは、お客様のウェブサイトを直接編集できる権限が与えられることが多いんだ。だから、使っているPCがウイルスにかかってたりすると、お客様のウェブサイト編集パスワードが盗まれて、お客様のウェブサイトが改ざんされてしまう、なんてことが起こりえるんだ。

えっ!こわっ!

最悪、損害賠償とかになっちゃう可能性もあるからね。個人情報とかが漏れることもあるし…

でも、中小のサイトだったら、狙われることあんまりなかったりしない?

サイトの規模は関係ないよ!どんなサイトを扱うにせよ、セキュリティへの配慮は必須さ!

セキュリティ関連のニュースを見てもらえればわかると思うけど、個人情報の漏れとかシステムの危険性とか、そんなニュースは日常茶飯事だからね。

僕の知り合いなんだけど、会社のPCでエロサイトを見ちゃうダメダメなやつがいてさ。エロサイトを見て、ウイルス感染して、勝手にお客様へエロエロな画像をメールで送ってしまった、なんてこともあったよ。

それは、家でやって欲しいね(笑)

あと、会社から支給されたノートPCを電車の戸棚に忘れたり、タクシーに忘れたり、なんてこともあったよ。絶対気を付けないといけないね!

Webデザイナーが気を付けたいことその2:コミュニケーションを大切にせよ!

僕はね、最初、コミュニケーションが苦手で、営業とか絶対やりたくなかったから、Web・IT系の職人になる道を選んだのね。

でも、実際やってみたらね、コミュニケーションめちゃくちゃ大事ってことに気づかされたよ。PCと向き合ってれば良いだけの仕事じゃないからね。

そうなの?Webデザイナーとかプログラマーの人って、ずっとPCいじってるイメージあるけど!

うん、もちろん、他の職種に比べたらPCとにらめっこしてる時間が多いけどさ。でも、どんなウェブサイトを作るにせよ、大体複数人がチームとなって構築することがほとんどなわけよ。

そうなるとね、打ち合わせとかメールやチャットのやりとりも必要になるのよ。そこでコミュニケーションが上手く取れないと、制作がダメになっちゃう。

技術力が高くてもコミュニケーションが下手すぎて働きづらくなってしまう人、結構多いんだ。

へぇ~そうなんだ。じゃあコミュニケーション能力も磨かないとね!

その通り!相手の言うことを汲み取ったり、自ら進んで嫌なことをやったり、相手が求める以上の対応をしたり…そういった地味で影的な努力も必要さ!

8.Webデザインの仕事は大変だけど楽しい

最後は完全に僕の個人的な意見になっちゃうけど…

Webデザインの仕事は大変だけど楽しいよ!残業も多くなりがちだし、給料安いブラックな会社も多いけど…

自分が作った作品が世に公開される時とか、自分の制作物がお客様の役に立った時とか、時間かけて制作したものが動いているのを見た時とか、「あぁ、頑張ったかいがあったなぁ!」って心から思えるよ。

いわば、自分の作品だもんね、ウェブサイトって。

そう!本当に好きな人は、趣味でもウェブサイト作ってるしね!

好きなことを仕事にできるっていいね~

まぁ、徹夜とかさせられて制作し続けてると、嫌いになることもあるけどね(笑)

うん、徹夜はイヤだね~!就職・転職する時は、徹夜はないか確認しておきたいところだね!

そうだね、あんまりブラックなところで働くと、うつ病とかなっちゃう人もいるからね。

スキルアップという意味では、ちょっとぐらいブラックの方が成長速度は速いんだけどね。でも、体が資本だから。バランスを見ながら、会社を選ぶのが良いぜっ!

メニューを閉じる