現役プログラマーが語る!ニートこそプログラマーになるべき7つの理由

作成日:2019.07.05 最終更新日:2019.07.19

ニートこそプログラマーになるべき理由

「ニートを脱出して、胸を張って堂々と生きたい。
プログラマーなら社会不適合者の自分にもできるかな?
けど、ニートだから今から就職は無理だよね…。親も心配してるけど、八方ふさがりなんだ。」

そんな方向けの記事です。

「ニートを脱出したい」という切実な思いがあるのに、なかなか前に進めないでいませんか?

一度社会から離れると「ニートだった経歴を知られたら見下されるんだろうな…。面接で嫌なことを言われるかもしれないし、そもそも雇ってもらえる確率が低そう…」という恐怖心から、なかなか一歩を踏み出せない人も。

そんなあなたに朗報です。

「ニートの人でもプログラマーになれる!しかも、一発逆転可能。」ということを、現役プログラマーのオマツザキオが声を大にしてお伝えしたいと思います。

この記事を読めば、「未経験のニートじゃプログラマーになれないよね?」という疑念を払しょくし、胸を張って外を歩けるようになるまでの道筋が明確に見えるでしょう。

周りの人を見返すことだって可能です。

ただ、「働きたくないからニートをしている」と言う人は読まないでください。

この記事は、「本気で社会復帰したい!」という人に向けた記事なので、厳しいことも言わなければならないからです。

このページを見てくれてありがとう。
プログラミングについて検索した君からは、本気でニートを脱出したいって気持ちが伝わってくるよ!
その気持ちに本気で答えていくから、君も本気で読んでいってくれぃ!

【ニートの人におすすめの完全無料プログラミングスクール】
GEEK JOB(ギークジョブ)

ニートでもプログラマーなら社会復帰できる7つの理由

本当にニートからプログラマーになれるの?

おおともよ!ニートからだって全然問題ない理由があるんだ。

君が社会不適合者だと感じていても問題ない。

なぜなら、ニートとプログラマーは相性がいいからだ!

え?相性までいいの!?

私の親族にもニートの人がいるから救ってあげたい…。

キャバコにも教えて!

OK!7つの理由があるから、まずは「なぜニートでもプログラマーならやっていけるのか?」を1つずつ説明していくぜ!

これを見れば「プログラミングはニートに最適なスキルだ!」ということが理解できるよ♪

【ニートでもプログラマーとしてやっていける7つの理由】

  1. 就職難易度が低い
  2. お金が無くても無料スクールで十分スキルを学べる
  3. 頭が悪くても、特別な資格がなくてもなれる
  4. コミュニケーションは必要最低限でOK
  5. もし会社を辞めたくなっても、手に職がついている
  6. 将来性が明るい業界(給料が若いうちからかなり良い。)
  7. ニート出身者が増えている

プログラマ―は就職難易度が低い

圧倒的に就職難易度が低い

IT業界へのプログラマーとしての就職は比較的簡単です。

というのも、web・IT業界は圧倒的な人手不足だから。

実際に、経済産業省が発表している調査結果には、2019年以降は入職者率が退職者率を下回るとされています。

つまり、供給が需要に追いついてないため、1人でも多くプログラマーが必要な世の中なのです。

リクルートするための予算が100万円もあったのに、1人も雇えなかった企業もあるほど人手不足。

「雇ってくれる企業がない」ことがニートを続けている理由なら、プログラマーという新しい選択肢は非常に効果的です。

IT業界は人手不足ってよく聞くけど、ほんとにそうなの?

それは事実だよ。ぼくは今フリーランスのエンジニア(プログラマーの上位互換)だけど、仕事が途切れなくて全く休みなしだ(笑)

人がいればぼくだって休みを取れるよ。

でもさ、それってオマツザキオが「できるエンジニア」だからじゃないの?

自分で言うのもあれだけど、それもあるね(照)

やっぱり信頼できる人に仕事を依頼したいから。

けど、それを差し引いても人は足りてないよ。

企業にいた時から、それはヒシヒシと感じてた。

しかもこれからIT業界はさらに伸びるし、将来的に考えると「プログラミングができない人」は仕事がなくなるかもしれない。

ひえ~!そんなに人が足りてないんだね。

ニートっていうハンデがあっても欲しいってこと?

ニートの人にもそれぞれ理由があるからね。

ただただ働きたくないからニートしてるって人は、いくら人手不足のIT業界でも欲しい会社は無いと思う。

逆に、働きたいけど働く場所が見つからないって人は引っ張りだこだぜ!

ふーん。でもさ、プログラマーってスキルがないとダメじゃん!

スクールに通いたくても、お金がないから通えないニートの人はどうすればいいのさ!

それも心配ない。

じつは、無料でプログラミングを学べるスクールが増えているんだ。

お金が無くても無料スクールで十分スキルが身につく

お金が無くても無料スクールで十分スキルが身につく

最近のプログラミングスクールは、無料で学べるところが増えています。

なぜ無料で学べるかと言うと、スクールで教えた生徒を企業に紹介することで、紹介料をもらっているから。

ここにも、人材不足が絡んでいるんですね。

無料だからといって、内容が薄いといったこともありません。

実践で使えるスキルを中心に学べるので、就職時にはある程度の使えるスキルが身につくので安心です。

しかも最近は、ニートの人が多く通っています。

へぇ~。ニートでお金が無くても、スキルをちゃんと身につけられるところがあるのか!

そうなんだよ。ニートの人にプログラマーをすすめる理由がわかるでしょ?

うん、たしかにそうかも。

ニートを脱出できる環境はできていそうだね。

けどさ、キャバコみたいに頭が悪い人は無理なんじゃない?

学歴が高くないとプログラミングスキルは身につかないでしょ。

それはキャバコの先入観だね。

プログラミングは、頭が良くなくてもできるようになる。

誰でもね。

頭が悪くても、特別な資格がなくてもプログラマーになれる

頭が悪くても、特別な資格が無くてもプログラマーになれる

プログラマーは頭が良くなくても、特別な資格が無くてもなれるところも、ニートの人にすすめたい理由の1つです。

というのも、プログラミングというのはコンピューターに指示を出す行為だから。

普段のあなたの生活で、「朝7時に起きたいから目覚まし時計を7時にセットした」なんて経験がありますよね?

極端な話、これもプログラミングです。

朝7時に起きるために、目覚まし時計に「7時に起こしてね!」と指示しているからです。

プログラミングを難しく考える人もいますが、プログラミングはコンピューターに指示を出しているだけというのは覚えておいてください。

つまり、頭が悪くても大丈夫なんです。

そっか…プログラミングってコンピューターに指示をすることなんだね。

そう考えると、キャバコでもできるような気がする…。

「あのお金持ちにドンペリ注文させて!」って後輩に指示したことあるもん。

それはレベルが高い指示だ(笑)

プログラミングの場合、書き方さえ覚えちゃえば頭が悪くてもできるようになるよ!

もちろん、ニートだからって関係ない。

しかも、資格も必要なしに就職できるところもおすすめの理由だ!

資格もいらないの?オラクルマスターは?

ぜんっっぜん必要なし!

ちゃんとプログラミングができていれば、それでOKな世界なんだ!

医療業界とか専門資格が必要な業界はニートから就職するのは難しいけど、IT業界ならそれが可能なんだよ。

うぅ~…反論できる材料が少なくなってきたなぁ。

なんで反論することが目的なのよ?(笑)

だって、今は「仕方なくニートやってる人」の力になりたいじゃん!

不安をなくしてからプログラミングを始めて欲しいし。

あっ!コミュニケーション力がない人もいるよね?むふふ~♪

なに喜んでんだか(笑)

でも残念。コミュニケーション能力があまりなくても、プログラマーになることは十分可能だぜ。

コミュニケーションは必要最低限でOK

コミュニケーションは最低限でOK

プログラマーの仕事は、しゃべらない時間帯が長いです。

業務のほとんどはパソコンにコードを打ち込む作業なので、営業などの他の仕事と比べるとコミュニケーションをとる機会は少ないでしょう。

会社にもよりますが、ワイワイやるのが好きじゃない人も多いため、同僚との飲み会などもあまり心配する必要もありません。

そっか、パソコンにコードを打ち込む時間が長いから、あんまり人と話さなくていいんだね。

「プログラマーにもコミュニケーション能力が必要だ!」って書いてあるwebサイトもあるけど、実際はそこまで必要ない。

普通に人と話すことができるレベルなら問題ないよ。

笑いを取る必要もない。

僕の経験から言っても、「こいつ大丈夫か?」ってレベルのコミュ力でもちゃんと仕事になってたしね。

コミュ障のニートでもやっていけそうだね!

問題ないと思うよ。

ただ、当然システム会議があったり、エンジニアの上司や先輩に相談する時はある。

ライン作業のアルバイトみたいに、全くしゃべらないで済む仕事ではないから注意してね。

エンジニアになったらクライアントとの打ち合わせは避けられない。

それまでに、働きながらある程度のコミュニケーション能力を磨いておくことをおすすめするよ!

それを差し引いても、プログラマーほど喋らない仕事もそうないんだよね♪コミュ障でもOKかも♪

けどさ、それでも会社を辞めたくなることもあるよね?

そんなときでも安心なのがプログラマーという仕事の特殊性だぜ!

もし辞めたくなっても、手に職がついている

もし辞めたくなっても、手に職がついている

「途中で辞めたくなったらどうしよう…」と不安を抱えていませんか?

プログラマーの仕事は拘束時間が長いことでも有名ですからね。

でも大丈夫!

会社を辞めてしまっても「プログラミングスキル」を持っていれば、ニート時代のようにゼロスタートになることはありません。

というのも、プログラマーはフリーランスとの相性がいいからです。

「このサービスを作りたいからプログラマーが必要なんだけど、新しく雇うほどでもない。正社員じゃなくて臨時的に力を貸してくれるプログラマーはいないかな?」と考える企業が多いのです。

つまり、仕事を外部に委託する企業が多いため、フリーランスとして仕事に困らないと言えます。

もちろん、別の会社に転職するのも比較的容易ですね。

今の時点で不安を抱えているかもしれませんが、とにかく勉強をスタートさせて、スキルが身につけばそこからは自由になれます。

そっか、前回辞めた時と違って「手にプログラミングスキル」がついているんだね!

そのとおり!

前回辞めた時は「次どうしよう…。他にできることなんてないしなぁ。」と不安を感じていたと思う。

だけど、プログラミングスキルを身につければ、万が一また仕事を辞めてしまっても簡単に社会復帰することができるから挑戦する価値が圧倒的にあると言えるぜ!

フリーランスとしても働けるしね♪

将来性が明るい業界(若いうちから給料がかなり良い)

将来性が明るい業界

IT業界はまだまだ伸びる業界なので、プログラマーになれば平均以上の給料を得ることは難しくありません。

というのも、平均給与が高いからです。

しかも入社して2年くらいがんばれば、年収500万円を超える人はザラにいます。

ニートを経験した人は痛いほどわかると思いますが、お金がないって一番苦しいですよね?

嫌な会社で給料も少ないと、モチベーションが下がってしまいます。

せっかく本気でニートを卒業するなら、年収500万円はくだらない業界の方が良いと思います。

そして、プログラマーになれば年収500万円は簡単に叶えられるでしょう。

プログラマーは給料もイイんだね!

プログラマーの平均年収は428万円というデータ(DODA提供)があるよ。

一見、「全体の平均とそう変わらないじゃん…」と感じるかもしれないけど、プログラマーは若い人が多い。

つまり、若いのに平均の給料をもらっているんだ!

なるほど!20代とかの若いうちから平均給与近くをもらえるんだね!

一回ドロップアウトしていたとしても問題ない?

問題ないよ!

というのも、プログラミング業界はプログラミングができれば学歴とか関係ないし、その会社がちゃんと業績を上げていれば給料に還元されていくからね。

しかも、IT業界はどんどん業績が伸びている業界だから、給料に還元される期待値は圧倒的に高い。

うほー!ニート期間があったとしても、簡単に周りを見返すことができそうだね♪

それなら親も安心してくれそう。

もちろん、ちゃんとスキルを身につけないとダメだよ!

でもさ、スキルを身につけるためのスクールに通うのも怖い人っているんじゃない?

「あの人ニートだったんだって」なんて陰口言われそうじゃん。

生まれ変わりたいなら周りの人が言うことなんて気にしなくていいって言うのは簡単だけど、たしかに不安を感じる部分かもね。

でも安心して!

最近のプログラミングスクールにはニートをしていた人がたくさん通っているんだ。

同じ境遇の人がいれば安心でしょ♪

プログラミング業界にはニート出身者が増えている

ニート出身者が増えている

実は、最近のプログラミング業界には「元ニート」の人が増えています。

理由は上でお話してきた通り、「ニート」の人たちと相性が良いからです。

プログラミングスクールのウェブサイトには、「ニートの人も歓迎!」といったことも記載されていますからね。

ニートになった理由は人それぞれだと思いますが、多くの人は「仕事・人が合わなかったから」だと思います。

つまりあなたの性格と合うか、なるべく人と関わらなければ解決できるということですよね?

これらを解決できるのがプログラマーだという理由から、ニートの人がプログラマーを目指し、実際に活躍する人が増えているのです。

そして、ニートの気持ちを分かっている人が多いともいえるので、思った以上に働きやすい環境・人が整っていると思います。

プログラミングを勉強するニートの人が増えてるんだね!

そうなんだ!とても良いことだよね!

ニートの人と相性がいいっていう理由もそうなんだけど、「無料で学べるスクール」が増えていることも大きいぜ!

え!?プログラミングスクールって数十万円するんじゃないの?

今は完全無料で学べるスクールが増えてるぜ!

無料スクールについても、もうちょっと下で詳しく紹介しているから読んでいってくれぃ!

【ニートの人におすすめの完全無料のプログラミングスクール】
GEEK JOB(ギークジョブ)

 

【ニートでもプログラマーとしてやっていける7つの理由まとめ】

  1. 就職難易度が低い
  2. お金が無くても無料スクールで十分スキルを学べる
  3. 頭が悪くても、特別な資格がなくてもなれる
  4. コミュニケーションは必要最低限でOK
  5. もし会社を辞めたくなっても、手に職がついている
  6. 将来性が明るい業界(給料が若いうちからかなり良い。)
  7. ニート出身者が増えている

 

プログラマ―ってどんな仕事?必要な能力

プログラミングってどんな仕事?必要な能力

プログラマーは、プログラムを書く人と思ってもらえれば問題ありません。

エンジニアという「設計する人」がクライアントと相談しながらシステムの設計などをして、その指示通りにプログラムを書けばOKです。

なので、ほとんどの時間はパソコンとにらめっこ。

接客のように知らない人と話さなければならないことはほとんどないので、人見知りやコミュ障の人も苦しくない仕事でしょう。

極端な話、必要な能力はプログラミングを書けるスキルと、仕事を真面目にやる意識だけです。

また、特別すごいプログラムをかける必要はまったくありません。

というのも、システム開発では修正が必ずと言っていい程発生するから。

天才にしかわからないプログラミングを書いていては他の人が修正できないため、誰にでもわかるプログラムを書く方が重要なのです。

つまり、学歴が低い、職歴がない・短い、コミュニケーションが苦手という人も問題なくプログラマーになれると言えます。

当然努力は必要ですが、特別な資格も必要ないですしね。

スキルさえあれば、ニートだった経歴も、男性だろうが女性だろうがどちらでもプログラマーになることは可能です。

ほー。プログラマーってプログラミングをするのがメインなんだね。って、当然か(笑)

けど、イメージ通り過ぎて逆に意外。

プログラマーからエンジニアになると、クライアントとのシステム設計とかのために打ち合わせがあるけど、プログラマーのうちはエンジニアの指示に従ってプログラムを適切に組むのが仕事だよ!

ほとんどの時間はパソコンと向き合ってるね。

キャバクラとは正反対だ!

人見知り・コミュ障でもなんとかなりそうだね♪

そうだね。当然企業に勤めたら社内の人たちと会話することはあるけどね。

全く話さない仕事ではないけど、他の仕事と比べたら圧倒的に口は使わないぜ(笑)

人と話すのが苦手だけど、人がいなければ能力を十分に発揮できる人の天職だ!

ニートがプログラマーになるためには、乗り越えるべき壁がある!

ニートの人が乗り越えるべき壁

ここまでで、ニートの人でもプログラマーになれるということと、実際にどんな仕事をするのかが理解できたかと思います。

しかし、当然知っただけでプログラマーになれるわけではありません。

まずはニートの自分とおさらばするために乗り越えるべき壁を認識し、克服しましょう!

まずはスタートラインに立つために、ニートを脱出する覚悟を決めよう!

不安だろうし、一歩を踏み出すのが怖いと思う。

僕の部下の弟はニートをしていて、話を聞くからよくわかる。

けど、その壁を乗り越えなければ君は一生ニートのままだ。

きっかけは何でもいい。

「中年ニートにはなりたくない!」という気持ちをモチベーションに変えて、「絶対にニートを脱出する!」と今ここで決意しよう!

君の人生だから「自分が主人公の物語を書くなら、こうなりたい!」とワガママに人生を語るのだ!

ちょ…アツいな(笑)

でもたしかにそうだね!

自分の人生だからこのままニートを続けるのも自由だけど、キャバコでもそんな人生はつまらないってことはわかるよ!

怖いかもしれないけど、「ニートを脱出したい…」と思って検索した今こそがんばろうね!

壁1. ニートである自分を受け入れる

ニートである自分を受け入れる

1つ目は、「ニートである自分を受け入れる」ということ。

というのも「自分は仕方なく休職しているのであって、ニートではない」というプライドがあると、「ニートだったんでしょ?」と言われるだけでプライドが傷つき、落ち込んでしまうことで前に進めなくなってしまうからです。

正直「ニート」だろうが「社会人」だろうが、肩書きはどうでも良いです。

現在働いておらず、両親に生活や納税を頼っていることが問題だということを受け入れましょう!

「自分はニートだ。けど、そんな状況はすぐに変えてやる!」という意思を持っていればそれでOKです!

プライドなんて何の役にも立たないぜ!

そんなことより、今の自分を受け入れちゃった方が圧倒的に楽だ。

ニートだということを笑って話せる人間になってしまおう!

たしかにそうだけど、口で言うのは簡単だよ!

具体的にどうすればニートってことを受け入れられるの?

考え方を変えるっていうのが結論だね。

「他人の意見なんてどうでもいい。今の現状が自分なんだ」って思うことだ。

ここでは詳しく話さないけど、「嫌われる勇気」って本が助けになってくれる。

あ!その本聞いたことある!

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。」

「健全な人は、相手を変えようとせず自分がかわる。不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。」

簡単に言うとこんな内容だ。

君のプライドをきっと消し去ってくれると思うよ!

あと、誰かに貢献することの重要性を話しているから、プログラミングに限らず仕事で活躍するための心得も習得できるぜ!

たぶん図書館にあると思うよ♪

壁2. 社会・人への恐怖心

ニートの人がプログラマーになるためには、「社会・人への恐怖心」をほんの少し克服しなければなりません。

理由を説明するまでもないですが、やはり恐怖で一歩を踏み出せないことが、ニート生活が継続している理由だからです。

恐怖や不安という目に見えないものに怯えて言い訳にし、一歩を踏み出すのを辞めた経験はありませんか?

ニート生活を卒業するには、一歩を踏み出す勇気が圧倒的に大切と言えます。

社会に一歩踏み出すのは怖いよね。

ましてや、未経験のプログラミングって世界に飛び込むのはさらに怖いよ。

そう!未経験とか、一度離れたところに戻るのは誰でも怖いってところがポイントだ!

ニートだからじゃなく、人間は誰でも環境を変えるのを嫌がるからね。

でも、いきなり面接を受けに行くのはハードル高すぎない?

もちろん、いきなり面接に行けなんて絶対に言わないよ(笑)

小さなことでもいいから、まずはできることを1つ1つこなしていこう!

例えば?

生活面だと、まずは大きな声であいさつするとかだね。

本当に1つずつで大丈夫だ。必ずできるようになるから。

プログラミングに関しては、図書館で本を借りるなんていいかもね!

勉強する→スクールに申し込んでみる→詳しく話を聞いてみる→面接を受けてみるみたいに、ちょっとずつ前に進んでみよう!

気づいたらニートを脱出して、プログラマーとして胸を張って生きていると思うよ♪

壁3. 絶対に社会復帰するというモチベーション

社会復帰をするには、モチベーションが必要不可欠です。

「絶対に社会復帰してやる!」という強い意志がないと、途中で挫折してニートに逆戻りなんてことも。

なぜかというと、ニートから社会に復帰するというのは、ものすごく体力と精神が消耗するから。

中年ニートを続けている人なんかは、きっとモチベーションが続かなかった人も多いでしょう。

そのため、目標を紙に書き、毎朝・毎晩声に出して読むことが重要です。

目標がしっかりしていなければ、途中から「あれ?何のためにこんな苦しいことをしているんだっけ?」となってしまいますからね。

社会復帰すると決めたら、必ず紙に書いて、いつでも目に入るところに貼っておこう!

「そんなの意味あるの?」と感じたかもしれないけど、自分の潜在意識に目標を刷り込むことができたら、迷わず行動できるようになるぜ!

なんだか疑わしいなぁ(笑)宗教かよって感じ。

おっと!精神論をなめたらダメだよ。

「思考は現実化する」っていう「成功するための方法」について書かれた本にも書いてあるけど、世界で成功している人はみんな目標を潜在意識に刷り込んでいる。

アメリカで自動車帝国を作った「フォード」なんかもね!

そこまで大きな話にしなくてもいいけど、騙されたと思って目標を紙に書いて、毎朝・毎晩声に出して読もう!

3週間続けるだけでそれが習慣になり、行動になるぜ!

モチベーションをキープする秘訣だ!

ほー。

あれ?この記事って「ニートこそプログラマーになるべき理由」って記事だったような(笑)

ごめん、熱くなりすぎた(笑)

けど、これもニートからプログラマーになるために重要だぜ!

【ニートの人が乗り越えるべき3つの壁】

  1. ニートである自分を受け入れる
  2. 社会・人への恐怖心を少し我慢する
  3. 絶対に社会復帰するというモチベーションを維持する

社会復帰でき、プログラマーになったら何ができる?

プログラマーになったら何ができるかを知っておくことも大切です。

というのも、これがモチベーションに繋がるから。

「ニートを脱出すれば、こんなことができるようになる」というのを具体的にイメージできれば、それが目標となりますからね!

宝くじが当たった時のことを想像するように、ワクワクしながらイメージしてみましょう!

ニートを脱出したら色んなことができるようになって、人生の楽しさは100万倍だぜ♪

ニートを脱出したら…「胸を張って堂々と外を歩ける」

社会に復帰すれば、誰に責められることもなく堂々と外出できます。

というのも、ちゃんと誰かのために働き、税金を納めているから。

社会のルールに沿って、義務を果たしているからです。

働いていれば、誰もがあなたを立派な人だと認めてくれます。

実際テレビなどでも、「元ニート」という人が活躍していますが、誰にも責められていませんよね?

このことからわかるように、人間は過去よりも現在で人を判断します。

「社会人として堂々と対等に生きたい…。けど、働いていないから低姿勢でいなきゃいけない。」なんて心の奥底の劣等感がなくなると、心がスッと軽くなり、一気に「人生って楽しい!」と思えます。

「自分は誰の役にも立っていない…必要とされてない」って感じるのは、すごくツラいことだよね。

実際はそんなことないのに、「働いていない」ってだけで心が窮屈になってしまうね。

でも、もし働いていたらそんなことを感じるだろうか?

今からでも遅くないぜ!

胸を張って堂々と外を歩くために、とにかく一歩を踏み出してみよう!

もちろん、プログラミングを選ぶ必要もないからね!

ほんとはプログラミング業界に来て欲しいくせに(笑)

本音はそうだけど、この記事を見てくれている「仕方なくニートをやっている人」のタメになるのがこのサイトのポリシーだからね!

プログラミングはニートの人に最適だとは思ってるけど、君の好きなものを選ぼう!

誰かの許可なんて必要ないからね!

自分の人生は自分で決めろ!

ニートを脱出したら…「好きなものを買い、好きなことができる」

プログラマ―は若いうちから給料が高いです。

好きなものを好きな時に食べるのは難しくないでしょう。

極論、みんなが振り向くかっこいい車を買ったり、漫画に出てくるような大きな家を手に入れるのも夢ではありません。

リモートワークが可能なスキルを身につければ、好きな時に南国に行くことも可能です。

数百円の食べ物を買えなかった自分から、欲しいものを我慢することのなくいつでも買える自分になれるって考えると、とてもワクワクしませんか?

やばい。プログラマーになりたい。はぁはぁ。

おいおい(笑)

「欲しいものを我慢せずに生きられる」っていうのを最大限叶えられるのは、たぶんプログラマーだと思う。

ネットで仕事するから、場所にも縛られないしね。

僕もフリーランスでけっこう稼いでいるけど、今では値段をあまり気にせずに買い物ができていて幸せだ。

欲なさすぎ!(笑)

ニートを脱出したら…「親が安心し、昔の関係に戻れる」

両親との関係が改善される、安心する

プログラマーになればご両親が安心し、関係も改善するでしょう。

税金や生活費を自分で支払うことで、親の負担が減るからです。

今あなたは、ご両親との関係はどうでしょうか?

極端な話、ケンカが絶えなかったり、腫物を触るような対応をされていませんか?

ご両親はあなたを嫌いなわけではありません。

ただ、ご両親のお金にも限界があり、負担が大きいから現在の対応となっているだけです。

ご両親もあなたの親である前に一人の人間なので、負担が大きいと当然「苦しい」と感じてしまいます。

もちろん、「良い人生を歩んでほしい」とあなたを心の底から心配しています。

社会復帰すれば、昔のように対等にご両親と会話ができるようになるでしょう。

親と対等に話せないのは辛いよね。

子供のころのように笑顔で話したい。

うん。親からしても「こんな対応したくないのに…」「私の育て方が悪かったんだ…」なんて自分を責めてしまうよね。

でも、プログラマーにかかわらず社会復帰すれば一気に関係は改善される。

これだけでも、社会復帰に本気で取り組む価値はあるんじゃないかな?

ニートを脱出したら…「人生がキラキラ輝きだす」

キラキラ社会復帰

社会復帰ができれば、絶対に今より人生が輝きだします。

それはもうキラッキラに。

これは大げさな話ではありません。

誰かに迷惑をかけなければ、何をしても良い世の中だからです。

友達と旅行したり、本気の恋愛をしたり、自分の好きなことに熱中することもできますからね。

あなたが今、「人生ってつまらないなぁ」と感じているのは、自由が圧倒的に少ないからです。

経済的、社会的に不自由だと何もできませんよね?

お金がないって本当に何もできないよね。

資本主義だからしょうがない。

でも逆に、お金を稼げたらメチャクチャ自由で快適な人生になる。

そして、プログラマーになればそれは叶えられるんだ!

ニートを脱出したら…「圧倒的に社会の役に立てる」

プログラマーになれば、圧倒的に社会の役に立てます。

Webサービスやアプリケーションを自分で作れるようになるからですね!

極端な話、Googleの社会への貢献度を考えると、プログラミングには無限の可能性が感じられます。

お金だけでなく、圧倒的に社会的欲求を満たすことができるのも、プログラミングを学ぶメリットと言えます。

プログラミングならお金をかけずにサービスを作ることができるから、やりたいことを形にしやすいぜ!

ツイッターなんかは結構簡単に作れたりするしね♪

メルカリとか何でも売れるサービスを作れるって考えるだけでも、ワクワクしちゃうよね!

社会復帰するのが楽しみになっちゃうな♪

焦らずゆっくりでいいから、1つずつ課題をクリアして、絶対に社会復帰をしようぜ!

ところでさ、どんな手順を踏めばプログラマーになることができるの?

ナイスアシスト!これから就職するための手順について紹介するぜ!

 

【社会復帰・プログラマーになったらできるようになること】

  1. 胸を張って堂々と外を歩ける
  2. 好きなものを買い、好きなことができる
  3. 親が安心し、関係も改善する
  4. 人生が豊かになる
  5. 社会の役に立てる

シンプルに考えよう!就職までの簡単3ステップ

プログラマーになるための3ステップ

プログラマーとして就職するには、3ステップを踏めばOKです。

具体的には以下の通り。

【プログラマーになるまでの3ステップ】

  1. プログラミングスキルを身につける
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 面接を受ける

難しく考える必要はありません。

この3つをちゃんとこなせば、必ずプログラマーになることはできます。

ニートだからって関係なし!

ニートだから…なんてただの言い訳だ!

実際にニートから社会復帰している人なんてごまんといるからね!

つまり、君にもできるから心配しないでくれ!

STEP.1 プログラミングスキルを身につける

プログラミングスキルを身につける

まず初めにやらなければならないのは、当然スキルを身につけることです。

もしあなたが10代や20代前半なら、スキルが無くても若さで雇ってもらえる場合もありますが、スキルがあった方が就職しやすいのは事実です。

企業からすると、即戦力とまで言わずとも、できるだけ早く戦力になる人が欲しいですからね。

そのために、あなたはまず独学でプログラミングスキルを身につけるか、スクールに通ってスキルを最短で身につけるかを選ぶ必要があります。

おすすめは「スクールに通ってスキルを身につける」です。

理由は以下の通り。

【プログラミングスキルはスクールで身につけるのが良い理由】

  1. プロに聞けるのでスキル習得が圧倒的に早く、確実
  2. 1人でやる必要がないため、挫折率が低くなる
  3. 就職サポートがあるから、面接への不安が減る
  4. ニートの人も多いから恐怖心も少なく、友達になって社会適応力を上げられる
  5. スクールによっては完全無料のため、親への負担がない

独学を選ぶ場合、これらのメリットがないためおすすめできません。

特にプログラミング学習を独学でやると、9割の人が挫折すると言われているので、スクールを選んで欲しいところです。

1~3か月学べば就職できるレベルになれますよ!(スクールの場合)

ニートの人向けの完全無料のスクールについては、もう少し下で紹介しています。

まずはスキルを身につけるところからか!

キャバコみたいに算数苦手な人でもできるようになるかな?

心配無用だ!

さっきも話したけど、「プログラミングは機械に命令すること」だからね!

働けるレベルのスキルは、誰でも身につけることができる。

スクールはちょっと怖いな…って人は独学でもいい?

別に独学でもいいよ!

ただ、かなりの確率で挫折するから要注意だ!

そんなときは迷わずスクールへ行こう!

勉強に自信がない人は恐怖に打ち勝って、初めからスクールを選ぼうね♪

スクールの講師もニートの人を何人も教えているはずだから、心配する必要はないぜ。

もちろん、同じ経験をしている仲間もいる。

【ニートの人におすすめの完全無料プログラミングスクール】
GEEK JOB(ギークジョブ)
※怖がらずに今申し込めば、逃げる人生から抜け出せます。逃げられない環境を整えればあとは進むだけ!(無理にとは言いませんが)

STEP.2 ポートフォリオを作る

ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、作品集のことです。

あなたがどんなものを作れるか?を面接でアピールするための武器だと思ってもらえれば問題ありません。

具体的には、あなたが作ったサービスをウェブ上にいくつかまとめて、提出するだけです。

勉強と同時並行か、勉強を一通り終えたら、掲示板やウェブサイト、マッチングサービスなどを自分で作ってみましょう!

ただ、1つポイントがあります。

それは、「自分が働きたい会社で使える技術を使ったポートフォリオを作る」ということ。

というのも、ポートフォリオはあなたが「何をできるか?」をアピールする武器になるので、働きたい会社と関係がある程評価が高まるからです。

未経験者の場合、あまり高度なものを作る必要はありません。

お問い合わせフォームを作れる、ログイン画面を作れる、掲示板やチャットアプリを作れるなどを、作品を通じてアピールしましょう!

「こんなことができるから会社に貢献できるぜ!だから働かせて!」ということを意識して作ろう!

作ったものはポートフォリオになるだけじゃなく、自分のスキルになるから本気で取り組もうぜ!

STEP3. 面接を受ける

面接を受ける

当然、最後は面接を受けて合格したらニート脱却作戦成功です。

ニートの人の面接のポイントは、「自分を偽らないこと」です。

自分を良く見せることは面接で大切ですが、嘘は必ずバレます。

面接時点でバレれば受からないだけで済みますが、仕事を始めてからウソがばれると、会社の損失を生み、あなたが責任を問われる可能性も。

ニートであった事実を受け入れ、それを脱却するためにどんな努力をして面接にたどり着いたか?を本音で話すほうがよっぽど良いでしょう。

面接はきっと何社か落ちます。

しかし、それはあなたが悪いわけではなく、その会社と合わなかっただけなので落ち込まずに何度もトライしましょう!

そうすれば拾ってくれる会社は必ずあります。

プログラミングスキルを持つ人はとても重宝されるので、諦めないことが重要と言えます。

なんか、面接まで来たら泣いちゃいそうだね。

うん、その気持ちはわかる。

仕方なくニート生活をしていた人は辛かっただろうからね。

一歩を踏み出すだけでも大変なのに、面接まで来たらきっとその人はもうなんだってできるよ。

う”ぅ~!なんか泣けてきた~!

なんでやねん(笑)

「いきなり正社員は怖いなぁ…」って人はアルバイトからスタートしてもOKだ!

要はお金を自分で稼げばニートじゃないわけだからね。

プログラマーのアルバイトもたくさんあるから探してみよう!

ニートの人が選ぶべきプログラミング言語

ニートの人が身につけるべきプログラミング言語

ニートの人はどのプログラミング言語を選べばよいでしょうか?

答えは「需要の多いプログラミング言語」です。

というのも、理由はどうあれ「ニートだった」という現実は面接で不利になるからです。

厳しい話、あなたと同じ能力を持ったニート歴のない人とあなただったら、多くの会社がニート歴のない人を選ぶでしょう。

これは受け入れなければならない現実です。

しかし需要の多いプログラミング言語なら、可能性が大きく高まります。

具体的には以下の3つがおすすめ。

【ニートの人におすすめのプログラミング言語】

  1. PHP
  2. Ruby(Ruby on Rails)
  3. JAVA

これら3つは、現在日本の企業で多く使われているプログラミング言語です。

Pythonという言語も伸びていますが、現状(2019年時点)は上記の3つで間違いないでしょう。

この中の1つを習得すれば、ほぼ確実にニートを脱却できます。

どんな言語なのか、それぞれ解説していきますね!

PHPってどんな言語?

php

PHPは、WordPressなどのCMS(ブログを簡単に作れるシステム)、facebookなどのSNS、ショッピングサイトなどを作るときによく使われます。

アプリケーション作成もできるため、とにかくいろんなことに使えます。

そして、求人数が圧倒的に多いというのも魅力のひとつ(日本で2位)。

WordPressをカスタマイズできれば、リモートで働ける案件が多いのも特徴です。

初心者も勉強しやすい言語なので、「とりあえずPHP!」でもいいかもしれません。

web系の仕事(Web制作)をやりたい人はPHPがおすすめです。

iPhoneアプリやandroidアプリは作れません。

プログラミングは全くの初心者で、なおかつリモートワークに憧れている人はPHPでまちがいないぜ!

ぼくもPHPをメインに仕事をしているから、やり方によってはかなり稼げることも伝えておきたいポイントだ!

Rubyってどんな言語?

ruby

Rubyはマツモトユキヒロさんという日本人が開発した言語で、今は世界中で使われています。

日本人が作ったこともあり、日本語での情報が多く勉強しやすいと評判です。

特徴としては、需要が多いため高単価であること。

また、高速のアプリケーションを作れるため、食べログやクックパッドなどの有名アプリケーションもRubyで作られています♪

特にアプリケーションを作りたい人は、Rubyを習得すると良いですね!

実際使われるのは、Ruby on RailsというRubyのフレームワーク(言語の中でよく使う機能をまとめてさらに使いやすくしたもの)なので、Ruby on Railsから勉強しちゃいましょう!

リモートワーク案件は少なめです。

Rubyは日本人が作ったから人気だね!

最近は人気に少し陰りが見えてきたともチラホラ言われてるけど、そんなことは気にしなくてもいいくらい人気の言語だ!

アプリケーションを中心に作りたいって考えているなら、Rubyはけっこうおすすめかな!

JAVAってどんな言語?

java

JAVAは、現在1番需要のあるプログラミング言語です。

理由はOS(動作環境)に依存せずにプログラミングできるから。

銀行のシステムなど、セキュリティを重視する場面でよく使われていますが、最近はアプリケーションでも大活躍です。

エンジニア専門のエージェントでもJAVA案件が一番多いため、とりあえず仕事には困らない言語と言えそうです。

しかしリモート案件が少ないため、「仕事しながら海外を旅したい」という人には向かないと言えます。

OSに依存しないため汎用性が圧倒的に高く、「まだ作りたいものは決まってないけど、何にでも対応できるプログラマーになりたいなぁ」と考えている人はJAVAをおすすめします。

JAVAはとにかく何でも作れるのがポイントだよ!

「どこでもいいからとにかく就職したい」って人はJAVAが安心だ。

【おまけ】Pythonってどんな言語?

Pythonは人工知能やディープラーニングによく使われるプログラミング言語です。

比較的簡単に使えるようになりますし、人工知能以外でももちろん使える汎用性の高さも人気です。

また、比較的新しいプログラミング言語という面で「かっこいい!」というイメージもあるかもしれませんね(笑)

「先端技術をマスターして先行者利益を得たい」って人は、Pythonも選択肢に入れておくと良いと思います。

人工知能の実装は数学の知識も必要になるよ!

勉強があまり得意でなかった人がいきなり取り組むには、ハードルが高いから注意だぜ!

実はプログラミング言語はどれを選んでもいい!?

うーん、どの言語にするか迷っちゃうなぁ。

キャバコ、プログラミング言語は初めのうちはどれを選んでも大丈夫だよ。

え?そうなの?それぞれ違うって聞いたけど。

たしかに特徴はそれぞれあるんだけど、プログラミング言語は1つマスターすれば、他の言語も簡単にマスターできてしまうんだ。

なぬー!?迷ってたのがバカらしいじゃないか!

なんでなの?

それはプログラミングの考え方さえ分かっていれば、あとは書き方が違うだけだからさ。

もちろん、言語によっては「こんなの初めて見た」ってこともあるんだけど、そこをリカバリーすれば問題ないからね。

英語をマスターした人がスペイン語を簡単にマスターできるのと同じだね。

じゃあどれでもいいのか(笑)

極論そうなる(笑)

プログラミングの考え方を勉強するって考えるとね。

でもやっぱり需要には差があるから、PHP、Ruby、JAVAがおすすめだよ♪

違いがそこまでわからないし、調べるの面倒だからその3つから選ぶね!

まぁそれでいいと思うぜ(笑)

悩んで決められない時間がもったいないしね。

ニートの人におすすめのプログラミングスクール

では、ニートの人に最適なプログラミングスクールはどこでしょうか?

どこを選んでも良いのですが、ポイントは「完全無料」「就職サポートがある」「需要の多い言語を学べる」です。

というのも、ニートの人は現状お金に余裕がなく、面接に不利という理由があるからです。

そして、これらを満たすスクールが最近は増えています♪

以下で紹介するスクールは3つの条件を全て満たしているので、スクール選びの参考にしてください。

【ニートの人におすすめの完全無料プログラミングスクール】
GEEK JOB(ギークジョブ)
※怖がらずに今申し込めば、逃げる人生から抜け出せます。逃げられない環境を整えればあとは進むだけ!(無理にとは言いませんが)

GEEK JOB(ギークジョブ)

ギークジョブ,geek job

評価

おすすめ度 ★★★★★
費用対効果 ★★★★★
実用性 ★★★★

身につくプログラミングスキル

  • PHP
  • Ruby
  • JAVA

料金・コース

社会人転職コース 無料(1~3カ月)(29歳まで)
大学生就職コース 無料(1~3カ月)

所在地

東京都千代田区九段北1丁目12−6 守住ビル 5階

オンラインでも受講できるので、どこに住んでいても受講できます。

内容

GEEK JOBは20代を中心に、無料のプログラミング学習と就職支援を一体化したサービスを提供するプログラミングスクールです。

「自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすこと」を目的としており、未経験からでも3ヶ月程度の学習でWebアプリケーションを開発できるのに十分なプログラミングスキルを学べます。

言語はPHP、Ruby、JAVAから選ぶことができますよ♪

就職先はJava関連の企業が多いそう。

大学生やフリーター、無職の方も参加しているそうです。

もちろん、大半がプログラミング未経験。

就転職サポート

就転職については、なにか特別なことをするわけではありません。

履歴書・職務経歴書の書き方を学んだり、講師や生徒同士で面接対策をするだけです。

それでも転職率は97.8%と圧倒的なので、紹介先企業との強いつながりがGEEK JOBの強みと言えそうです。

完全無料って最近増えてるね!

そうだね。しかも、最近のはクオリティがどんどん上がってる。

お金払わなくてもしっかりプログラミングスキルを身につけられるよ♪

じゃあ無料のところでOKなんだね?

一般的な企業に就職したいって人には最高だね。

ただ、勤めたい企業が決まっている人は、その企業を紹介してもらえない可能性もあるから向かないよ。

ほえ~。たしかに、就職先を自分で選べないのは嫌だね!

いやいや!選べないってわけじゃない。選択肢が狭まるだけだよ。

GEEK JOBでは500件もの求人があるから、ほとんどの人は良さそうな企業を見つけられるから安心してくれ!

ProEngineer(プロエンジニア)

プロエンジニア,proengineer

評価

おすすめ度 ★★★★★
費用対効果 ★★★★★
実用性 ★★★★

身につくプログラミングスキル

  • HTML
  • CSS
  • JAVA
  • PHP

料金・コース

個別研修コース 研修時間40時間、通学or Skype
平日5日間コース 研修時間420時間、通学
週3夜間コース 研修時間200時間、通学

全て完全無料

所在地

プログラマカレッジの場合

平日5日間コース、週3夜間コース:東京都千代田区三番町1-1 KY三番町ビル 1F

個別研修:東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ7F

エンジニアカレッジの場合

平日5日間コース:東京都世田谷区三宿1-8-19 MBAビル1F、3F

通学個別研修:東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ7F

内容

ProEngineerも完全無料のプログラミングスクールです。

実践型の勉強法が特徴で、ECサイトやアプリケーションをPHPやRubyを使って作成しながら勉強を進めていきます。

もちろん、Pro Engineerで作ったサイトなどは、面接の際にポートフォリオ(作品)として提出できるので有利になります。

1~3カ月かけて学べるので、かなりのスキルが身に付くでしょう。

授業形式ですが、内容に置いていかれないためのサポート体制も整っているので、安心して受講できます。

就転職サポート

ビジネスマナーや服装・履歴書の書き方などの就職サポートが充実しているだけでなく、3,500社以上の案件の中から優良企業を紹介してくれるのも安心ですね!(サイバーエージェント、LINEグループ、楽天など)

入学前は全く関係ない仕事をしていた人が多く、プログラミング未経験でも大丈夫。

ただ、就職先はSIerやSESと呼ばれる企業が多いため、web系に就職したい人には向いていません。

ProEnginneerも良さそう!

全く問題ないスクールだね!学べる内容もいい感じだし。

上で紹介したGEEK JOBとは何が違うの?

学べる内容に大きな違いはないけど、ProEnginneerはオンライン受講がないのが特徴かな!

だから、都内に通える人じゃないと使えない。

そのくらいか。どっちを使っても良さそうだね♪

0円スクール

0円スクール,ゼロ円スクール,ゼロスク

評価

おすすめ度 ★★★★★
費用対効果 ★★★★★
実用性 ★★★★

身につくプログラミングスキル

  • HTML
  • CSS
  • JAVA
  • JavaScript
  • SQL
  • Bootstrap

料金・コース

初心者コース:完全無料(1~4カ月)

開発コース:完全無料(1~3カ月)

所在地

札幌/仙台/東京/名古屋/神戸/福岡

内容

無料でJavaを学べて、就職を目指すスクールです。

Javaの基礎だけでなく、しっかりとサービス開発もやるため、社会で通用するスキルを身につけられます。

しかも、理解しないと先に進めないカリキュラムを採用しているので、未経験でも現場で働ける知識を身につけられそうです。

他の無料スクールと違うのは、東京以外にもスクールがあることで、首都圏以外に住んでいても受講できるところですね。

対象年齢は20~35歳と広めに設定されているので、30代の人も無料でJavaを学べます。

ちなみに、PHP、Rubyは学習内容に含まれていません。

就転職サポート

面談の練習やビジネスマナー、スキルシートの書き方などのサポートがあります。

取引先企業への斡旋などはないようですが、十分なスキルが身につくので安心して就転職に臨めるでしょう。

タダでJavaを学べちゃうって、もう反則だよね!

ほんとそうだよ。参考書買ったり、数十万円支払ってスクールに通うのはなんだったのか…って感じだね。

オリジナルサービスを作りたい!って人には向かないけど、ちゃんと就職したい人は0円スクールで間違いないよ。

しかも、35歳まで入れるからね!

プログラマースクール

プログラマースクール

評価

おすすめ度 ★★★★
費用対効果 ★★★★★
実用性 ★★★★

身につくJava関連のスキル

  • JSP
  • Servlet
  • Spring
  • MySQL

料金・コース

完全無料(1~3カ月)

10万円の預かり金あり

内容

完全無料でJavaを学べるスクールです(PHP,Rubyはありません)。

経験豊富な講師から、実務で使えるスキルを学ぶことができます。

しかも、地方に住んでいる方でも、無償で住居も用意してもらえるので、どこにいても受講できるのは嬉しいですね♪

就転職サポート

プログラマースクールは、就職を目的とした人にJavaを教えるスクールのため、充実した就転職サポートを受けられます。

大手企業からベンチャー企業まで、取引先企業1500社からマッチングしてくれます。

また、プログラマースクールを運営する企業への就職率が9割と、積極的に採用してくれるので、受講したらそのまま就職できる可能性が非常に高いです。

「就職に不安を感じている」という人は、プログラマースクールで問題なしです。

すごいね!完全無料で住むところまで提供してくれるなんて!

そうだね、仕事を辞めてプログラミングを勉強する人にとっては、家賃がかからないのはかなりデカい!

しかも、必ず就職しなきゃいけないっていう制約もないから安心だ。

カリキュラムの内容はどう?

内容は詳しく掲載されてなかったけど、Springっていう一番使われてるフレームワークも学べるのはポイント高いよ。

 


 

この4つなら正直どこでもいいと思うよ♪

重要なのはやる気になった今行動することだ!

人生一発逆転しようぜ!

【ニートの人におすすめの完全無料プログラミングスクール】
GEEK JOB(ギークジョブ)
※怖がらずに今申し込めば、逃げる人生から抜け出せます。学ぶ環境を整えればあとは進むだけ!(無理にとは言いませんが)

 

無料のプログラミングスクールの注意点

無料のプログラミングスクールには、申し込み前に知っておいて欲しい注意点があります。

それが、「就職先の自由度は限定される」ということ。

無料のスクールは、企業に生徒が就職・転職した際に支払われる紹介料で運営しているため、提携している企業に就職しないと報酬が支払われません。

そのため、無料スクールと提携している企業に就職するのが暗黙の了解となっています。

申し込み前に、そのことだけは知っておいてください。

ただ、紹介できる企業は500社以上など豊富なので、あなたが現在就職したい企業がない場合はあまり心配する必要はありません。

無料の裏にはそういう事情があったんだね。

スクールもお金を稼がないと運営できないからね。

でも、そんなに心配する必要はない。

面談の段階で「どんな就職先がありますか?」って聞けばいいだけだからね。

良さそうなところが無ければスクールを使わなければ問題なしだ!

無料スクールじゃなくてもいいんだよね?

もちろん!お金にまだ余裕があるなら普通のところでもいいと思うよ♪

以下の記事でプログラミングスクールを紹介してるから見てくれよな!

ここまでで、ニートの人こそプログラマーになるべき理由を話してきたけど、1歩ずつ確実に進めば絶対にニートを抜け出せるよ♪

とにかくまず1歩を踏み出せば、あとはなんとかなってしまうもんだぜ!

というか、すでにニートを脱出する方法を検索してる時点で君は一歩を踏み出してるから!

そうそう♪

キャバコみたいに深く考えず、行き当たりばったりくらいの気持ちで進めば、人生なんてイージーモードだよ(笑)

絶対ダイジョウブ!がんばろうね!

「社会復帰に一歩を踏み出そう!けどやっぱりプログラマーは難しそうだな…」と感じた人もいるよね?

それはそれで正解だ。

だったら、以下のエージェントがきっと助けになるよ!

ニートやフリーター向けの就職エージェントだから、3/4が正社員未経験。

プログラマー以外の道も広がるよ♪

ニートの人への就職支援をたくさんしてるから、安心して一歩を踏み出せると思うぜ!

逃げる自分とおさらばしよう!

リクルートの就職Shop【4人中3人は未経験で就職】

 

メニューを閉じる